投稿日:2022年2月14日

電気自動車の充電用コンセントの設置で知っておくべきポイントとは?

こんにちは!
京都府京都市を拠点に、各種電気設備・空調設備の設計から施工・アフターフォローまで一貫して手掛けております、コーエイ電気設備です。
電気自動車を自宅で充電するための充電設備のなかでも安価で手軽に設置できるのが「充電用コンセント」です。
これから充電用コンセントの設置をご検討される方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「電気自動車の充電用コンセントの設置で知っておくべきポイントとは?」をテーマにご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

充電用コンセントの設置には資格が必要


近年、DIYやご自身でのリフォームなどが人気ですよね。
なかには、自分で充電用コンセントの取り付けをしてみようと思われている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、充電用コンセントの設置に限らず、電気工事は、法令によって「定められた資格を持つ人以外は原則行ってはならない」と決められています。
電気工事では、ちょっとした間違いで感電事故や漏電による火災が起こりかねません。
そのため、充電設備の設置をするには、第二種電気工事士以上の資格を保有していることが必要です。

自宅の環境によって必要な工事レベルが変わる

充電設備を設置する自宅の環境によって、設置工事の種類や工事費などが変わるため、自宅の環境を確認しておくことが大切です。
マンションなど集合住宅への設置には、費用負担などについて、管理組合や大家さん、ほかの住人との合意を得なければなりません。
そのため現状では、戸建住宅への設置が基本です。
また、戸建住宅の場合であっても、自宅の環境によって必要な工事レベルは異なります。200Vの充電用コンセントを設置する場合には、基本的に専用ブレーカーの設置と配線の敷設、充電用コンセントの設置といった3つの作業が必要です。
また、自宅にある分電盤の状況や、分電盤から駐車場などコンセントを設置する場所までの距離などで作業工数は変わります。
そのため、充電用コンセントの設置では施工業者に現地調査を依頼し、自宅の状況を把握することと見積もりをとることがオススメです。

選択肢は充電用コンセントだけじゃない

自宅にEV・PHEVの充電設備の設置を検討したときに、設置にかかる費用や工事の手軽さから選択肢の第一候補に挙がるのは充電用コンセントでしょう。
しかし自宅に設置可能な充電設備には、充電用コンセントを含む壁面取り付けタイプ、スタンドタイプ、V2H機器などがあります。
車載充電ケーブルを使用しなくても、充電器に付属されている充電用コネクタを車に差し込めば充電できます。
またV2H機器では、大容量バッテリーに蓄えられたEV・PHEVの電気を取り出し、車を蓄電池代わりにして自宅で使用することも可能です。
設置にかかる費用は、充電用コンセントに比べ高くなりますが、求める機能や自宅の状況により選択肢は変わるといえるでしょう。

電気工事・空調工事はお任せください


京都府京都市に拠点に、弊社では近畿一円で戸建住宅・店舗・事務所を対象に電気工事・空調工事を手掛けております。
周辺地域のお客様にも柔軟に対応いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
設計から施工、アフターフォローまで一貫して対応できることが、弊社の強みです。
業歴約20年の代表を筆頭に、熟練の技術者が安心・安全な工事をご提供いたします。
電気工事・空調工事なら、ぜひコーエイ電気設備にお任せください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

電気工事・空調設備工事なら京都府京都市のコーエイ電気設備へ
コーエイ電気設備

本社住所:京都府京都市伏見区
※自宅兼事務所につき、詳細は伏せさせていただきます。
TEL:090-1714-5819 FAX:075-203-8893


関連記事

業務用エアコンなどの空調工事も承ります

業務用エアコンなどの空調工事も承ります

「事務所のエアコンを新調したい」 「店舗の空調工事をお願いしたい」 このようなご要望にコーエイ電気設 …

高品質の施工・充実のアフターフォローが定評の『コーエイ電気設備』

高品質の施工・充実のアフターフォローが定…

こんにちは!京都府京都市のコーエイ電気設備です。 弊社は、近畿一円で電気工事・空調工事を請け負ってお …

京都 埋め込みルームエアコン クリーニング

京都 埋め込みルームエアコン クリーニン…

今回は、京都で行なった埋め込みルームエアコンのクリーニングの様子をご紹介します。 京都 埋め込みルー …